スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

樺太犬 タロ・ジロ

タロ、ジロ憧れの犬
樺太犬?どんなワンコだろう?
北海道で生まれ育ったけど、出会ったことない。
知らないだけ?気づいてないだけ?
振り返ると近所にバカでかくて、
フッサフッサで黒&こげ茶のワンコがいたいた!
あれちゃうか?!ちゃうか。
真冬はアノラック着てよくその巨犬と遊んでたな。
懐かしい
なんせ田舎育ちなんで、
犬種なんて、どーでもよかったんだよね。
幼少の頃から、犬=遊び友達。

---幼少エピソード---
いつも犬のぬいぐるみを、補助輪つき愛チャリのカゴに入れ、
裸足で(靴はいてます)気の向くまま走り、
よそんちの犬巡りをして、迷子になって大泣きして
毎度、連行されて帰宅。親も呆れてたっけ。
ハハハ、あまり成長してない、今の私

まだチビだった頃、南極物語を見て自然の厳しさ、
犬を置き去りにするなんてイヤダーと号泣した。
この南極物語は何年経った今でも、せつなくて泣いてしまう。
人間の都合で使われ、人間の都合で捨てられる。
自然という、どーしようもない事情もあるだろうけど、
犬だって人間と同じ大切な命。
あ~せつない目頭があつくなる

タロ、ジロに会いたい

東京国立科学博物館で「ふしぎ大陸南極展2006」
開幕中。離ればなれだった、剥製のタロ、ジロが再会。
9月上旬までやってるらしい。

IMG_0003060724.jpg


タロ、ジロ待ってて~



majyu
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buhizoku.blog71.fc2.com/tb.php/39-3d9dfd09

樺太犬樺太犬(からふとけん)は、樺太および千島列島で作り出された犬種である。アイヌ・ニブフなどの北方の民族が犬ゾリ・猟犬に使っていた(いる)犬種。下記のタロとジロのエピソードにより有名な犬種であるが、日本には純粋な樺太犬は数頭しか確認されていない。現在、

[続きを読む]

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。